フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月7日 »

2013年6月30日

2013年6月30日 (日)

山行ヽ(´▽`)/Vol.100_上越国境谷川岳横断 【新潟、土樽から群馬、土合まで】

めでたくPeaks3110の山行日記100回を迎えました。

でも、ただの通過点でしかありませんが・・・。

これからもよろしくお願いします。
今回(6/30)の山歩きは、上越国境谷川岳横断です↓。
山行のため前日の9:00に寝ましたが、12:30、1:30に目が覚めるのは何故だ~?。
そして、目覚まし不要で2:00起床しました 笑!。
2:30近所のコンビニで食料を調達して出発~。今日は単独行動です。
4:30県道と高速を飛ばして茂倉新道の登山口に到着。駐車場には車もなく、寂しさが漂いますがここまで来たので行くしかありません。
Img_638653_24573183_0

4:40準備を整え歩き始めます。いきなり急登が続き額から汗が流れます。
太陽が山陰に隠れているうちに標高を上げます。
標高を上げると万太郎山が堂々たる山容を見せてくれました。
Img_638653_24573183_1

6:18矢場ノ頭に出ると一気に視野が開きました。
涼しい風が気持ちいい~。
Img_638653_24573183_11

茂倉岳に続くなだらかな稜線で花を観賞しながら歩きますが、ガスも濃くなりしばらくは白い世界を歩きます。
時々、歩いてきた道が見えます。
Img_638653_24573183_16

ここまでで出会った人は1名だけ、静かな山道です。
7:08茂倉小屋に到着です。
Img_638653_24573183_17

小屋の中はとっても綺麗でマナーの良さを感じます。
小休止して山頂を目指します。ガスも薄くなってきました。
7:26茂倉岳(1978m)に到着。
Img_638653_24573183_18

武能岳経由で蓮峠から下山すれば駐車場まで戻れますが、ルートは雲海に消えています。
一ノ倉岳方面の方が景色が良さそうなと土合駅13:50の電車に余裕で乗れるので国境を横断することにします。
茂倉岳を降りていると一気にガスが消え、一ノ倉岳山頂方面に人影が見えてきます。
Img_638653_24573183_19

8:00一ノ倉山頂(1974m)。素晴らしい展望が待っていました。
万太郎山、一ノ倉そしてオキ、トマノ耳の鞍部から霧が滝のように流れ落ちていきます。
しばし自然が作る壮大な景色に時間を忘れてしましました。
Img_638653_24573183_20

Img_638653_24573183_21

一ノ倉の鞍まで降り、オキノ耳に登り返す頃はガスに覆われてしまいます。ノゾキから見下ろす沢も白の世界、大絶壁を見るのは次回のようです。
8:40奥の院通過
8:45オキノ耳(1977m)で小休止。
Img_638653_24573183_14

9:08トマノ耳(1963m)。標柱の写真だけ撮って通過します。登山者の姿が少ないのは群馬側からまだ登っている最中だからでしょう。
Img_638653_24573183_22

稜線歩きはここまで、西黒尾根より下山します。
電車の時間がやばい時はロープウエイを使えるのもいいですね。
9:15天神尾根との分岐
Img_638653_24573183_2

それにしても今日の核心部は稜線ではなく、下りでした。
ザンゲ岩を過ぎると岩むき出しの急坂と鎖の連続で滑りやすく危険な道です。登りで使う方が安全でしょう。
Img_638653_24573183_15

登りも下りも個人的には行きたくないと思うほどです。
Img_638653_24573183_3

10:05西黒尾根の途中から巌剛新道を下ります。ここも滑りやすい道で慎重に足を進めます。
高度を下げ、木々の間から見上げた絶壁は圧巻の一言でした。クライマーってこんな所を登るんですね。
Img_638653_24573183_4

11:25マチガ沢登山道入口
転倒しないで無事下山!。
下りに2時間以上要しましたが、転ばなかったことがちょっと嬉しいのです。
Img_638653_24573183_5

マチガ沢の雪渓ではスキーを楽しむ人もいます。ここまで来て、今の時期にスキーとは俺には信じられない人々です。
小休止して舗装路を駅に向け歩きます。
11:55谷川岳ロープウエイ乗り場
電車の到着まで2時間近くあるので売店前でおにぎりを食べました。
駅まで歩いて15分程なのでお店の人とおしゃべりして時間をつぶします。
12:43土合駅
Img_638653_24573183_6

長岡行きの電車まで時間があるので靴を脱ぎ、汗でぬれたシャツを乾かします。
しばらく太陽に当たりながら今日の行動を思い出します。
そして、486段の長い階段を下ってトンネルのホームで電車を待ちました。
Img_638653_24573183_7

13:50定刻通り、長岡行きの普通列車が到着します。
Img_638653_24573183_8

国境の長いトンネルを抜けると雪国であったという言葉を思い出しますが、8分で通過です。早いな~。
13:58土樽駅に一人降り立ちます。
Img_638653_24573183_9

待合室では山ですれ違ったであろう男女が電車を待っていました。さすがに疲れている様子でした。
そして、茂倉新道登山口の駐車場まで2km程、最後の歩みを進めるのです。
Img_638653_24573183_10

途中で見た銅像、これは誰でしょう・・・。
名盤を読む気にもなれませんでした、ゴメンナサイ。
Img_638653_24573183_12

14:30出発から約10時間。駐車場で愛車が待っていました。
この日の駐車車両は俺の他は1台だけでした。
Img_638653_24573183_13

新潟側からこの山域に入る人は少ないようですが、静かな山歩きが出来るルートのようです。
14:40無事、帰ったことに感謝して自宅に向けて車を進めるのでした。
自分にお疲れ様~。
静かな山歩き、美しい山並み、百花繚乱の花々、大自然が作る絶景風景、そして山の厳しさ。
ちょっと疲れたけど、いい思い出を作ることが出来きて充実した一日でした。
大自然と山に感謝!。

過去の記事『Blogger:3110のデジPhotoな日々』はこちらから《2007/12~2011/04》

« 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月7日 »